クレーム対応の戦術(考える脳を鍛えるトレーニング前編)

今回は、トレーニングの前編です。

下記の設問をどちらが正しいか、良く考え下さい。そして、異なる意見の相手を説得する項目を5つ以上考えてメモを残して下さい。答え合わせは、一週間後です。



あなたは、買い物に来ました。(例えば電子レンジ。)

A社の製品もB社の製品も価格/大きさ/色や形まで一緒と考えます。食材を入れると優秀なコンピューターが自動で適切に温めてくれます。万に一つも間違いはありません。



違う点は

A社は、コンピューターが設定した項目は専用の解除ボタン(二つのボタン同時押し)を押さない限りその設定は有効になっています。



B社は、何かボタンを押すとその操作が有効になります。



どちらを購入しますか?



今回は、ここまでです。

次回は、考える脳を鍛えるトレーニング後編です。

PCサポート布施 安藤栄一

1967年生まれ
1990年大手電機メーカー関連ソフトウェア会社へ入社。
1995年大手電機メーカーのパソコンサポートセンターを開設後、周辺機器/通信機器のサポートセンターを開設、運営管理を行う。
転職後、大手通信会社テレアポ経験後に
冠婚葬祭のコールセンターの内製化にも取り組む。
その間、10,000件以上の判断と自ら約3000件以上のご意見/苦情を頂き対応を行う。
現在は、CS/苦情/クレームコンサルとして活躍中

【[CS]PCサポート布施】 http://www.cssapofuse.com/

PCサポート布施 安藤栄一 による、その他の投稿